FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.9月終了分アニメ感想。

2009年10月09日
恒例の
やっと録画してた最終話を全部見終わったので公開。

以下、独断と偏見による0~5の評価。
ちなみにネタばれ含みつつ、無駄に長いよ?
ティアーズ・トゥ・ティアラ<3.5>
今期一番動いてたと思う。
話も悪くなかったし、キャラクターがそれぞれにかっこいい。
特に男キャラ。
まぁ最後のほうはペア行動が多くて、もっとほかの連携を見れたらよかったかなとは。
ちなみに最初主人公だれやねんとも思ってた。

蒼天航路<1.5>
鄒氏(人妻)殺されてそのままの曹操とかない。
その時点で、主人公であるはずの人物をわかってないのを示してるようなもんだ。
というか、それを知らんでも演出という意味で
曹昂の決断の大きさを示すことができるはずだろうに。

2期を狙うんだったら、ほんとうにもっと丁寧にしてほしかった。
もっと893な劉備が見たかった。
三国志に興味湧いたのなら
原作なりニコニコの月刊武将講座やら101匹やら曹操☆無双を見てください。
ちなみに最後のほうはDr.HOUSEのついでだった。

宙のまにまに<4.5>
作中に出てくる夜空が本当にきれい。
いやぁスタッフもすきなんだろうなぁ~と。
こんな青春過ごせたらどんなにいいk

キャラの面でも、美星先輩を中心に本当に魅力的な人が多くて引き込まれた。
朔も感情移入がしやすく、ちゃんと嫉妬など人間性があふれててよかった。
突っ込み役だったところもねw
いつも月はよく見ているけれど、星に関してもいろいろ知りたくなる話でした。

青い花<4.0>
OPEDも含めて
ほんとうに最初は、ただの最近流行りの百合ものかと思っていたんだけどなぁ~。
最終回を見てやっと、あぁそういう作品なのかとわかった。
そういう意味では、私もまだまだだわ。

で、そうやって思い返してみると、登場人物が精神的に成長していく過程が見える。
途中で見るのがつらくなったのもこれが理由だわ、リアルすぎるw
「恋する自分」への自己陶酔とか、ある瞬間にふと思う自分の無責任さとかw
最後にいい作品なんだがね
ただほんとうに生々しい考え方の主人公が好きじゃないんだわ、これがw
もしかしたら同族嫌悪に近いのかもしれんがwww

シャングリ・ラ<3.0>
最初のほうは、いろいろと説明不足だったが
なんかかんやいいながら、いちお最後までいったなと。
少なくともキャラデザはよかった。
この作品も男キャラがよかったかな。

東京マグニチュード8・0<2.0>
震災を題材とした作品。
内容に関して、最初に「綿密な~(略)」と書かれているのだが、これは何だったのか。
確かに倒壊範囲や被害はリアルだったかもしれない。
しかしそれ以外はどうなのかと、突っ込みどころが多すぎる。

それに、伏線を
エンディング後の某キャスターの「クラッsy(略)」などで済ませるのはどうなのか。
正直、2回の夢落ちはあれは伏線とは言えない。
リアルを最初に歌っていて、弟がy(ryでは視聴者置いてけぼりすぎる。
というか、お題目の地震注意喚起できてないやん。
いろいろな行動・想定にリアリティがなく、また反した行動をしてるから。

ただ、身近な人がいついなくなるかは分からない。
普段意識できないそれを意識するきっかけ(なるかわからんが)。
そして、お姉ちゃんの成長は比較的きちんとかかれていたことは評価する。

Pandora Hearts<2.5>
キャラはいい。
それぞれに可愛かったり、かっこよかったり。
しかし、ストーリーがねぇ~。

オズのいきついた結論はそれはそれでいいんだろうけど
そんな簡単に「自分の生き方」を見いだせるもんか?と。
(周りに)流されて得た結論な気がしなくもない。
まぁ人間そんなもんといえばそんなもんなのかもしれんがね。
と、やっぱり超展開の最終回。

大正野球娘。<4.0>
気軽に見れて、ストーリーもそれなりに面白かった、と。
多少軽く感じたがそうしないとまとまらないしねぇ~。
まぁ逆にいえば軽くても結構まとまってたと思う。

Phantom~Requiem for the Phantom~<3.0>
雰囲気とそれをひき立たせるBGMがいい。
そしてイケメンタラシの玲二さんと真性の変態サイスさんが見どころなのは間違いないw
というか、作中で明らかにキャルと玲二さんやtt(ズドン
で、最後のあれは・・・影薄い人の発言で嫌な予感がしてたんだが本当にやるとは。。。
まぁいちお、結末に理由をつけることはできるが・・・、モヤモヤが残ってしまった。

プリンセスラバー!<2.5>
まぁ主人公に好感の姿勢はある程度持てるが、
最終回でおまえの最大の敵は私だといわれても、まとめるために言わせたなとしか。
だって、理由はあってもそういう描写は今までなかったわけだし。
あぁそれとブラックウィドー様、演技お疲れさまでした。
ヒロインがあまりにもお姫様だったのは、人によってはマイナス要因だったかなぁ~とも。

狼と香辛料Ⅱ<3.5>
ゼーガタッグ!
正直、合うのか?と思っていたが
話が進みロレンスが追い詰められている状態になると、なかなかどうして、とも思うように。
相変わらずところどころ2828もさせてくれるw
そして、ロレンスの成長(?)も感じられるしね。
まぁ物語の終わりが近づいてるのはしょ~がない。

ハヤテのごとく!!2<3.0>
可もなく不可もなく。
ただ、朝やってた頃より勢いは落ちてる気も。
パロディからラブコメに移行したからだと聞いた。
ただ実は最後のほうは「ゆめが丘を」優先してたかr

バスカッシュ!<1.5>
まぁこれも突っ込みどころ満載だったが
とりあえず、ダン(及びスタッフ)は月に上がった理由を忘れてないか?
最初の主軸だった妹のこと完全に忘れてるだろ。
最終回はダメな意味で鳥肌がw
正直最初から
こうなる要素は見え隠れしていたので、まぁなるようになってしまったのかなぁ~と。
全体のキャラはよかったんだよ、スパンキーとかw

うみものがたり<2.5>
元のパチンコと、かなりキャラデザやらなんやら変わっている。
内容は・・・光と闇を扱いたかったらしいが
よく扱われるテーマだけに先が読めたし、最終輪直前でやっと相手が直接圧倒した感じだから
結局最後強引に終わらせましたっていう印象が残ったかな。
ただ、音楽を始め作画もよく
どちらかっていうと黒い黒い言われていた主人公に深みを感じたかなと。

アラド戦記 スラップアップパーティー<3.5>
まぁほんとうに王道というかなんというかなストーリー。
しかし、この作品の見るべきところはハイクォリティーなEDに違いない。
特に前期。
一回は見る価値あり。
しかもちゃんと話につながってるし。

涼宮ハルヒの憂鬱<1.5>
エンドレスエイト・・・。
これによって「ハルヒ」というネームバリューがガクッと落ちた損失は本当に大きいだろう。
今まで「ハルヒ」ということで一目置かれていたのが
ほかの作品と同列におかれる可能性がぐっと高くなったということだし。
というか、ループの意味とかいろいろかけたのはわかるけどさすがに8回はないやろ・・・。
もし不評を承知でやったのなら完璧主義すぎる。

演劇の中でのさらっとしたやりとりでニヤッとさせるのは、さすがとも思ったが。
全体的には当たり前ですが失敗でしょう。
エンドレスエイトで吹っ飛んでたが、半分ぐらいは新作じゃなかったわけだし。

あぁまったく本編とは関係ないけれど
この前久々に西宮北口いったらロータリーの公園もどきの鉄の棒が撤去されてました。

CANAAN<3.0>
作画とキャラデザがいい。
声優(というか田中さん)ががんばってる。
ストーリーはまぁ。
ただ、能登さんの権利は生きる側にある発言はまぁ確かにそうだなと思った。

真マジンガー衝撃!Z編 on television<2.5>
とりあえず1話の演出は失敗だとおもうなぁ~。
あれでどの程度視聴者が切り捨てたか。
たぶん再び見直したらここはこのシーンか的なことができると思うが
そこまで見たいとも思わない、と。

最終回から続編やるんでしょうなぁ~。
熱かったけど、最後それをそがれた感も。
まぁそこでそう来るか、とも思わなくはないから差し引きゼロか。
と、演出的に歌を途中のCMできっちまうのはどうなのよ。

懺・さよなら絶望先生<4.0>
もう3期目だが、少なくとも前のやつよりも切れが増した感がある。
なんでだろ?
まぁ化物語と合わせて一期に二つやるのは計画性がないと言わざる負えない。
って、これは会社の話やん。
視聴者もわかって、笑ってたからいいが
OP手抜きとか相当批判をくらっててもおかしくはなかった。
それをネタにできるのはこの作品&シャフトのすごさではあるが。

GA 芸術科アートデザインクラス<4.5>
雰囲気もテンポも素晴らしい。
芸術ネタが基本だが、知識はなくても普通に見れる。
ちゃんとボケ・ツッコミがあるやりとりってのはやっぱりいいw

普通に芸術に興味が持てる。
キャラがそれぞれに魅力的。
声優の配置も抜群。
日常系(?)では最高峰に入ると思われる。

07-GHOST<2.0>
話の進みが遅く、結局なんか中途半端に終わってしまった感。
個人的にあまりキャラにも魅力を感じなかったしねぇ~。
で、結局超展k
おれたちの戦いはこれからだ!

戦場のヴァルキュリア<2.0>
恋愛要素に力入れすぎて戦争面がさんざんなんだよね。
その恋愛面も正直出来レースだから・・・。
そして、あまりの最後ではないか。

その他のキャラにしても、中盤以降に急に話に絡み始めたけど。
結局、表面的なキャラしか書かれてなかった。
そのおかげで、最後のそれぞれが田舎に帰るシーンに特によかった、と思うこともできず。

ついでに書くなら
個人的にあのおもちゃのようなヴァルキュリア人の装備が嫌い。
近代兵器をあんなにファンタジーで覆されたらもう戦争ものでも何でもない。
列車砲よかったんだがなぁ~。

かなめも<1.5>
禁句なのかもしれないが、おばあちゃんが亡くなって勢いで家を飛び出すってなんですか?
本編も百合・セクハラネタしかないのだろうか。
散々、ネタ不足でひどかったのに、最終回まで暗黒面ネタを引っ張ってた意味がわからない。
個人的にあれはよかったと思う、と書きつつ
また、それを何回も繰り返されてたら・・・とも思う。

咲-Saki-<3.5>
いやぁまぁいろいろつっこんでもしゃ~ないんだろうなぁ~と。
どっかに(ある程度以上の年齢の)男向けのテニプリってたとえてたけど、それだわ。
どう考えても今後インフレしていくんだろうな、とw
そういえば、麻雀をまともなものとして書いたのは功なんだね。
命かかってないとか当たり前のはずなのにw

それと最終回のあれは、宣伝だよね。
OVAにするからかってね?的な。

化物語<4.0>
セリフも実に小説チックに
映像表現も見事にシャフト節だったね。
家庭崩壊の表現とかもなるほど、と。
まぁやりとり面白かったからいいんだよね。
GAもだけど、ツッコミはいいよ~。

自分の場合は、なんかこっちきてからもう腐ってるけど、ツッコミスキル。
思っても口に出せないようになってきてるのが悲しい。

番外編
ねぎぼうずのあさたろう<4.5>
野菜が旅するなんてとんでも設定だと思うかもしれないが
クレヨン王国とかトマトマンとかあったわけでw
そして、これまた内容が時代劇以上に時代劇をしているのだからすごい。
とりあえず、朝のアニメだからと侮らないで見てほしい。
まぁこれはジェッターズとかにも言えることだけどねぇ~。

今期
最初から飛ばしてるアニメが多いw
まぁダーカーが期待通りで安心したから、それを中心に見ていくことにしましょう。
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。