スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回ドラゴン族モンスター考察。

2009年12月21日
新しく、シンクロデーモン作ったのにデータが更新されないから載せられない。
という合間の更新。

今回はこの子。
ボマー・ドラゴン 地 ドラゴン 3 1000 0
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、このカードを破壊したモンスターを破壊する。このカードが攻撃を行う場合、お互いのプレイヤーが受ける戦闘ダメージは0になる。
隠し要素もあるよ!(微妙に空白の行数がほかと違ったりして不自然にしてあるが)
気づくか気づかないかは、いつもどおりの自己満足。

要素としては
・ドラゴン
・レベル3
・1000
・戦闘で相手モンスター破壊(攻撃時は戦闘ダメージなし)

といったところだろうか。
ただ、前3つの要素は仮面竜でだいたい話したから割愛。
ということで、今回は効果についてのみ。

<デメリット>
前回さんざん仮面竜でこのモンスターを推したが
正直、単体では微妙なモンスターではある。
戦闘ダメージが与えられないから、相手にモンスターがいないときにダメージを与えれない。
これは結構痛い。
裏守備で置くしかなくなるからね。
相手の場が空でコアドラとかいないとき、いつもこいつを守備で出すか攻撃で出すか迷ったり。
ダメージ与えられたら、迷わず攻撃表示で出して、先に攻撃させるのに・・・。

<具体例から検証>
しかし、ドラゴンだからこそ輝く。
特にこのモンスターの真価が発揮されるのは、レダメで蘇生されたとき。

例えば相手の場にサイドラが立っていて、こちらの場にはレダメがいる。
この時、あなたは何を蘇生するだろうか。
まぁもちろん相手の動きによるが、私ならボマーを蘇生する。
なぜなら「オネストが怖いから」これに尽きる。

もし、他のモンスターを
例えば、飛竜を出して、レダメの攻撃をオネストで返されたら
2800ダメージ+サイドラを処理出来ていないという状況になってしまう。
これは相当に痛い。
他にも、マテリアルを蘇生して
マテリアルで攻撃して、返された場合もサイドラが残ってしまうから
次のターンシンクロからギガンティックが出てきて、レダメも処理されてしまうかもしれない。
ここまでされると返す手が相当限られてしまう。

ボマーはそれを未然に防いでくれる。

いちお、書くと
相手ターンのレダメへの攻撃は頑張って防ぎましょう。
そんなバレバレの状況やねんから、攻撃チェーンダストなり
攻撃反応罠で撃退するなり、いくらでも手はあるはず。
だから、私はいくらドラゴンの全体の攻撃力が高くても
戦闘補助なり、除去罠は抜かない。

で、ボマーはこちらから攻撃する場合に
何度でもレダメで蘇って、安心して除去ってくれると。

<評価する理由、まとめ>
まぁ私がここまでこのモンスターを評価する理由としては
ドラゴンの場合、やはり戦闘で破壊できないモンスターが経つととたんに苦しくなることがある。
ギガンティック然り、アーマード然り。
それを突破できるのはやはり、大きい。
ギガンティックが攻撃表示なら、ボマーで
守備表示なら、コアドラ(とその後のレダメ攻撃)でといった使い分けができるワケです。

ちなみにこのモンスターの競合相手としては、グングニールが挙げられるかもしれない。
ぜんぜん違うやんとか言われそうだが、必要な状況は結構似ているのだ。
まぁただ、当たり前だが、グングの方が色んな場面で活躍する。
そこらへんを一番うまく構築しているのが
某人のライコウ・スノーマン・砂塵をフルで採用しているだろう(私見)あのデッキなのでしょう。

それでもグングを出す場合、デブリ&スノーマンイーターor沼地を採用する必要がある
というのが私が敬遠している理由かな。
割拠・スキドレとも噛みあわないしね。

<戦闘ダメージなしについて>
戦闘ダメージがないのは、実際おまけだが
そのおかげでギリギリ試合を勝てたこともあるから意外に侮れない。
その分最初にかいたようなデメリットの方が大きい気もするが、まぁしゃ~ない。

<戦闘での破壊>
ちなみに前回、「戦闘で破壊するのが大きい」とかいたのは
結局、仮面竜から持ってこれるのに起因する。
いつでも、ボマーが手札や墓地にいるとは限らないので
レダメで仮面竜を蘇生して、リクルートからそのまま特攻につなげれるから。
もし、ならず効果なら一回メイン2に入らないと行けないから
レダメの攻撃ができない、そういった理由。

と、こんなところ。

第一回:仮面竜
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。