スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボトル大会レポ。

2010年07月31日
なんの因果か、今日あった用事の自分の番が午前中で終わったので
途中で抜けて
もしかのためにと
前日のうちに調べておいた電車の時間にあわせて
いってきましたよ、ロボトル大会!
もしかのためにと
DSをしっかり持ってってるのがアレだねw

以下、長くなるから
全体と個人のを合わせたレポート。

結構書きなぐってるので
日本語が微妙でもご容赦を。

まず
年齢層・性別
子ども:10人前後(うち2,3人女子)
大学生くらいの成人組:100人以上

男性:100人以上
女性:10人前後

人数は誇張表現ではありません。
もちろん数えたわけじゃないけど、ほんとうに人が多かった。
うん、年齢層は圧倒的だったね。
微妙に笑い事じゃないけど、それが現状なのだからしゃ~ない。

予選前
まず、私が時間ギリギリにいった時点で
人で、作ってあった仕切りの中がパンパン。
ロボトル大会参加希望者で、早くにいった人には
整理券として、ガンノウズの書かれた券が配られてたみたい。
ちなみにそれには、QRコードが印刷してあって
先行公開の携帯待ち受けが受け取れると。
すぐにみんな手に入るだろうから、何かは秘密ということで。

遅れてきた私とかは、用意してた整理券がもうないらしく
代わりに取締副社長の名刺をもらいました。
「これをネットで晒さないでくださいよ。」と本人。

予選内容
ワイアレス通信で
制限時間60分以内に、とにかく多く勝った人が決勝進出。
ちなみにルールはオープン、ステージはスタジアム固定。

私の場合は、速攻で勝てる攻めのパーティーではなかったので
結果は3勝1敗1途中で終了。
切断は一回もありませんでした。

とりあえず、私のパーティーは受けること主軸で考えてあるので
結果的に一試合の時間に取られる時間が長くなってしまって
相当おジャマキャラをしてたのは間違いなかったと思います。
正直、あたった人には申し訳なかった<(_ _)>
ただやはり、一回も切断されなかっところには
感心というか、なんというか
とりあえずさすがここにきてる人たちだ、とは。

ところで、個人的に一敗のロボトルが相当熱かった。
相手のノンイバーシブ&デスブレイクソニックショットで僚機2機共落ちた後
こっちリバース
→こちら僚機のプロテク後の相手ニードルショットをリーダーがまさかのギリ耐えて
もうここまできたらと、時間切れの判定勝ち狙いで
タイミングを見計らって、また落ちてた僚機一機をリバースで復活。
最後は
こっちはアサッシンで一体撃破したけど
相手もニードルで一体撃破
で、どちらもパーツが壊れてない2vs2状態の時間切れだったけど、残念ながら判定負け。
たぶん、相手が募集してるのに飛び込んだから
相手に優先権があったんじゃないかな、とか。
まぁアレ勝ってても、決勝進出はできなかったけどね。

で、結局
決勝進出ボーダーは6勝以上で
6勝の中から、ほるま社長にジャンケンで一発で勝った3人を加えて
16人が進出。

休憩
多分15時台だったような。
ほるま社長の前にサインを求める長蛇の列。

決勝トーナメント
ほるま社長が決勝進出者のHNをトーナメント表に書いていく微妙な雑用役w
最初の16人→8人→4人はトーナメント表に従ってワイアレス通信。
4人→2人→1人は会場に設置された、ある程度の大きさのモニターの付いている台に
ソフトをそれぞれが入れて、みんなが観戦しながら対戦。
おかげで、見てる観客の「おぉ~」という声も相まって熱かった。

ただ、私はモニターにはあんまり集中しないでワイヤレス対戦をしていたんだけどねw
おかげで、今日だけでワイアレス通信対戦成績が64戦とかなりました。

ちなみに決勝で、社長はメダの解説してくれ言われてたけど
声ちっさい&タイミングが掴めてない。
私はメガファントのひよこの話に一瞬触れたことしか覚えてないですw
まぁそれが、かなりらしかったといえばらしかった。

その後
意見を送れるらしいメルアドが公開されてました。
検索したら出るんかな?
とりあえず、ここには載せません。

他にも
限定パーツ(ガチャで手に入るパーツ)配信やら
再びほるま社長のサインの列やら
最初から用意してあったポスターをジャンケンでもらったりやら。
そうそう、社長に服の背中にサインを書いてもらってた女性がいました。
私の次の人だったので、近くで社長の困惑さ加減が見れておもろかったですw

で、その後も面白く
その後、ロケカン側が持って帰る必要のないらしい(ファンサービスもあるだろうけど)
サイン入りポスターやら
ゴッドエンペラーの書かれたボードやら
ペッパーキャット、ガンノウズの書かれた立てかけ型のボードやら
ガンノウズ、サンジューロの書かれたボードやら
を、次々とスタッフにねだって
スタッフとのジャンケンで掻っ攫っていく人々。
最後には、ノリで(?)
2つをつなげてあった決勝トーナメントの書かれたボードを
元の半分にしてにしてもって帰った人もいたり。

総評
いやぁ~実はこういうイベントに参加したの初めてだったんだけど

ほるま社長、声小さいけどいろいろ考えてるみたい +リズムがおもろい

運営は、ちとロボトルの解説がいい加減だったけど
それ以外はあんまり文句付けるところなく結構スムーズ
まぁよくあの人数(4人だったかな)で捌ききったな、とは

参加者側もマナーもよくて、ノリもいい

と、肝心のロボトルも含めて、予想以上に面白い大会でした。
とにかく、長時間だったので参加された方はお疲れ様でした。
私も疲れました。

あぁ最後に。
やっぱり、なんやかんやいってバランスはいい方だt
しつこいですかw
でも、使えない使えない言われてたパーツを使って決勝進出してるんだもの。
やっぱり使い方、使い手次第だよ。

上位とか
全員、スナイパーと
デスブレイクorトランプルはいた気はするけれどw

かき忘れてた。
自分の戦利品:ほるま社長サイン入り副社長名刺、ほるま社長サイン入りポスター
まぁ十分かな。
以上。
Comment
レポ
レポお疲れ様です
年齢層の現実を見てちょっと絶望したり
しかし公式でこういう催しを再び開くというのはなんだか感慨深いものがありますね
結局フルアタックのようなものが優勝したのでしょうか?対戦はやりこんでいないので詳しくないのですが

これからの続編展開を期待したいですね
個人的にはnavi2をば!
Re: レポ
コメントありがとうございます。

年齢層的には
こういう大会に一人で来るのは難しいので
そこはまぁ…どうなんでしょうね?

面白かったし、スタッフも大会2回目を開くつもりはあるようなので
人口が増えてくれればいいのですが。

戦法的には、確かにどんどん攻めてくる人が多かったですね。
これは予選の方式も関係あると思いますけど。

上位陣は
防御シールかダブルシールの違いはあれど、防御不能にして
頭を狙いに行くというのが主流だったように思います。
腕はだいたい、サクリファイスか盾で装甲稼ぐ感じでしょうか。
その中で、特に決勝進出した人のパーツは
かなり考えられていたように思います。

私もnavi2出て欲しいですね。
ロケカンには、そこら辺の
まだまだ活用できる要素があることに気づいてもらいたいです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。