スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無双6ちょろっと感想。

2011年05月31日
量的に、ちょろっとではなくなった気もするけれど。

さて、ムービーを中心に見るというカタチで
シナリオやらを友人に見せてもらったから、それをみた感想などを。
まぁ晋(シナリオ)の話中心。

いつもどおり、独断と偏見に満ちたものであるのは言うまでもない。
まず、賛否両論がおこってるらしい
・晋シナリオ感想(と、付随的に呉シナリオ感想)
最後のこれ、まぁ魏蜀呉disってると思われても仕方ないかなー
言い回しが分かりにくいし、シナリオ内でも怨念怨念いってるし
他のと違い、対立軸の中心として書かれている魏からの視点がないのもある。

個人的には、晋シナリオ終わったあとに三国をまとめたってだけでなく
そんなん言っときながら、すぐにボッロボロになった的な顛末があったら
司馬昭の個人的考えって多くの人が捉えれたのだろうか。
まぁただ晋を出してしょっぱなから
そんなマイナス面を見せられるのかといえば、うーんではあるが。

なんにしても、呉シナリオよりよっぽどましだと個人的には思う。
呉シナリオは、ちと...
その後の展開に持っていけないから、しゃーないとはいえ
結末もあれやし、それに付随するカタチで前半、孫堅生存部長すぎると思うし
許貢のはねーよwとか云々
結局のところ、オチつける気が見て取れないのが一番印象悪いんだけれど。

さて、話を戻すと
司馬昭もそこまで悪いキャラではないと思ったと。
司馬師もいいキャラだったし
昭はそれを受け継ぐカタチで、ってのもいうほど納得できなくはなかった。
継承の過程も結構丁寧に書かれてたしね。

ただまず、賈充がいないから直接本人がってのもあれだけれど
特に最後辺り、いつも王元煕が一緒にいたりするから
先の二人が居なくなった中で、自分なりにもがいているって感が出ないのも
あんまり肩入れされない大きな要素だと思う。

・その他、キャラとシステム面
司馬師、馬岱、諸葛誕、鍾会、夏候覇それぞれキャラよかったw

阿斗ちゃんもねw
いちお、含んでる感じはあったし
あんまり中身はなさそうだったけれどw

ただ郭淮に関しては、そこまで思い入れはできないかな。
立場的にも言い分的にも、ちと夏侯覇の方に肩入れしてしまうから
というか覇さん、言ってるセリフが少年漫画の主人公かw
郭淮さんもキャラとして面白いと思うのは言うまでもないけれどねw

そして、一番意外だったのが諸葛誕
人気出るのもわかるわ、普通にかっこいいw
メイン武器の扇とそれに加えて、補助武器としての剣の構えモーションが似合いすぎるw
おかげで正直、周泰が影薄い薄い
昭への対抗心やらコンプレックスゼリフやら
負け忠犬な感じもスパイスになってるんじゃないかなw
孔明へのセリフも、まぁw

・最後にまとめて、細かい思ったことへのツッコミ
にしても、好感度MAXあたりとかギャルゲ入ってるよなw
セリフがかっなりむずがゆい、バターイとかねw

そして、そこらへんめっちゃ充実してるのに
ストーリーで使われてないのがめっちゃ惜しい。
特に鍾会wwwww笑わせんなwww

専用セリフもいいお仕事してますわ
司馬懿、特に孔明への露骨なツンデレやめろw

修羅の矢は銃かw
止まると死ぬとは、このことですね

・まとめ
自分でやったわけではないから、あれだけど
見せてもらって思ったところはこんなところ。
個人的にも、武器が付け替えできるのはいいと思ったし
新キャラたちのキャラ付けもかなりよかったと思う。
そして、言われていたほど
晋シナリオにマイナスを感じなかったから、全体的に酷い出来とは思わないかな。
結構、モブキャラとして細かい人も出てたらしいしね。
武器の種類云々にはツッコんでも詮無いことだしw

まぁ呉投げっぱなしENDなのもあれだし
鍾会反乱が晋主要シナリオに組み込まれていないのもあれだけれど。
正直、後者はキャラ的にもセリフ的にも、惜しすぎる。
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。